ピルとホルモンと胃について

ピルが処方されるケースというものがあります。

男性にはなじみのない言葉ですが、女性には生理にともない、いろいろな苦痛が伴います。

その一つとして、生理痛が他の人よりもかなり困難である状況、かなり辛い状態の場合、たとえば胃痛の酷さ、吐き気、むかむかした気分、下痢、便秘、食欲が異常にある、不眠、逆に食欲が異常にない、何も食べることが出来ない、腰の酷い痛み…このような症状を、月経困難症であるといいます。

これは、生理が始める1週間または2週間前から始まる人もいれば、月経困難症でない人は、まったく感じない経験です。

そのため、個人差が酷く、まったく同じ女性同士であっても、また友達同士であっても、まったく痛みを持たない人もいれば、酷い痛みにさいなまれる人がいます。

この上記の、月経困難症を改善するために、ピルが処方をされることがあります。

これらは、婦人科や産婦人科の先生、または精神科や心療内科、または内科の先生に先ほどの先生を勧められて、受診するケースなどが多く、ピルを処方されることで、このような月経困難症が治るケースがあります。

ピルは、ホルモンバランスを整える目的などで処方がされるものであり、ホルモンが正常、またはうまく機能するように、改善を行ってくれるものです。

ただ、個人差があり、ピルがうまく体に合う人もいれば、逆に胃が痛くなってしまい、吐き気やめまいなどが出てしまう人もいます。

そのような胃痛などが始まってしまったり、吐き気、めまいなどが出てしまった場合には、ホルモンとの調整がうまくできていないケースもあるため、早急に、ピルを処方してくれた医療機関、先生に診断をおこなってもらうことが必要となります。